トレーニングナビ

-スポーツトレーニングに関する様々な情報を提供します-

テーピング

テーピングは、怪我の予防や処置、再発防止などを目的に利用されています。

テープには様々な種類があり、利用目的によって使うテープや貼り方などが異なります。 テーピングを貼る前に目的を明確化し、正しい処置を施すことが大事です。できる限り、専門の指導者や医師の指導のもと、処置を行うようにしましょう。

テーピング処置を受ける前に確認しておくべきポイント

本当にテーピングが必要なのか / テーピングを貼っても大丈夫か

  • テーピングを貼って運動するより、完全休養の方が良いのではないか
  • 患部を圧迫してはいけない怪我ではないか
  • テーピングより先にまず行うべき処置がないか(外傷の治療など)
  • 肌に直接テーピングを貼っても皮膚は大丈夫か
  • 自分一人で貼れるのか

どこにテーピングを貼るのか

  • 患部(筋肉 or 関節)
  • 患部周辺
  • 患部とは直接関係のない部位
    (怪我の根本的な原因となっている部位)

どのような種類のテーピングを貼るのか

  • 非伸縮テープ
  • 伸縮性テープ(キネシオテープ)
  • アンダーラップテープ
  • など

どのようにテーピングを貼るのか

  • どの角度で関節角度を固定するのか(関節を固定する場合)
  • 可動範囲をどこまで制限するのか
  • どの程度圧迫するのか
  • どの程度の張力で貼るのか(伸縮性テーピングの場合)

どのタイミングでテーピングを貼るのか

  • 怪我が発生した直後
  • 腫れが引いてきたとき
  • 怪我が治って、練習に復帰するとき

どれくらいの時間貼り続けるのか

  • ずっと
  • 練習中だけ
  • 痛みを感じるときだけだけ

【外部リンク】テーピングの貼り方を解説

Amazon「テーピング」 taping_ama 楽天市場「テーピング」taping_raku