トレーニングナビ

-スポーツトレーニングに関する様々な情報を提供します-

障害の予防

スポーツ障害を予防するために気をつけるべきこと

スポーツ障害を予防するには、まず「なぜスポーツ障害が発生するのか」その原因を考える必要があります。スポーツ障害の原因としては、様々な要因が考えられますが、下記サイトでは3つの要因に集約しています。

①個人の身体特性の違い
②運動量の増加
③自己の手入れが悪いこと
-の3点が重要であり、これらが互いに関連しあって障害を起こします。

→ 引用元 : スポーツ王国ぎふ|競技スポーツの振興

これを参考にすると、スポーツ障害を予防するためには、

  1. 基礎筋力や柔軟性に不足がないようにする
  2. 競技者のレベルを超えた練習(危険度が高い・量が多い)をしない
  3. 日常のケアをしっかり実施する

この3つに注意することが重要であると言えます。

(1)については、「トレーニングコンテンツ > 共通」
(2)については  「トレーニング計画を立てる」
(3)については、このページの「お風呂・入浴」「睡眠」やその他の「スポーツ障害を学ぶ」のページにて、
に詳細を記載します。

日常のケア: お風呂・入浴

日常生活の中で何気なく行っている入浴や睡眠も、障害の予防や治療に有効です。

押さえておきたいポイント

  • 入浴の効能
  • 入浴するタイミング
  • 最適な水温
  • 入浴時間

【外部リンク】

日常のケア: 睡眠

押さえておきたいポイント

  • 睡眠のリズム(レム睡眠・ノンレム睡眠)
  • 最適な睡眠時間
  • 睡眠前にリラックスする方法
  • 睡眠中の疲労回復効果

【外部リンク】

日常のケア: コンディショニングのチェック

自分のコンディショニングを日々チェックして、体調や筋肉の変化などに素早く気づくことで、障害の予防に役立ちます。

【外部リンク】

Amazon「スポーツ障害」に関する書籍をまとめています injure